葬儀を行うことになったものの、莫大な費用を用意することが難しいなら、小規模で行える家族葬を横浜で行うと良いでしょう。大都会のエリアになりますが、昔ながらの大規模な葬儀ばかりでなく、身近な人達だけが集まって小さく行う方法に対する人気も高まっています。大きな式場を利用する必要がありませんので、費用の負担が減らせてリーズナブルに終わらせることが可能です。100万円や200万円といった莫大な費用がかかることはまずなく、基本的な内容であれば、50万円前後で済んでしまうほどです。一般的な葬儀ばかりに参加してきた人だと全体的な流れがどうなっているのか、分からない部分が多くなってきます。とはいえ、基本的な流れはそう変わりませんので、心配する必要はありません。

速やかに連絡して通夜の準備を始める

横浜で家族葬を行うなら、本人が亡くなる前に対応する葬儀社を決めておくと便利です。不謹慎な気がするでしょうが、亡くなった後は速やかに病院から出て安置所や自宅に遺体を保管しなければなりません。事前に葬儀社を決めておくと、スムーズに連絡ができて慌てることがなくなります。地元に対応する葬儀社を選ぶのが原則ですが、ネットであれば全国対応のサービスも存在します。葬儀社と打ち合わせの後、納棺して通夜が行われます。自宅で行うことができますが、現在では式場で行うのが主流です。僧侶が到着して読経してくれますが、必ずしも依頼する必要はありません。焼香は指名せずに行われますので、喪主のみ名前が呼ばれ、後は集まった人それぞれが順番に行うのが普通です。通夜が終われば、喪主の挨拶の後に、食事の振る舞いをします。

告別式の後には初七日法要を行う

通夜の次の日は告別式です。式場を使って行われます。祭壇や椅子を用意しますが、全て葬儀社が行ってくれますから、楽に準備ができます。告別式の僧侶の読経に関しても、自由に選択できる横浜の家族葬のプランが用意されていますので、拘りがないなら無理に依頼しなくてもよいでしょう。その分だけ費用を安く抑えられます。指名焼香が行われます。まずは喪主から始まり、近い親族が順番に呼ばれる流れですが、この葬儀はごく少数で行われるものですので、短時間で焼香が終わることがほとんどです。最後に出棺して火葬、お骨上げをします。待機時間中はお茶やお菓子などを振る舞って待つようにします。場合によっては、告別式後に初七日法要を実施するパターンがありますが、最近の主流ですので、気にする必要はありません。