大勢の参列者を募るのではなく、家族だけでしめやかに故人の葬儀を終えたいといった場合に役立つのが家族葬です。大規模な葬儀場を利用する必要がないので葬儀費用が安く済む、ご香典に対するお返しを用意する必要がなくなる、あまり面識のない参列者に気を使う必要がなくなるなどといったメリットがあることで知られています。費用に関して言うと、普通の葬式とお通夜を実施するのに比べていくらくらい安くなるのかを予めシミュレーションできるようになっているような葬儀社も少なくありません。家族葬を執り行った行った場合の大まかな金額がわかる見積りシミュレーションを、インターネット上で利用できるようになっているホームページも多いものと捉えておいて構わないと言えるでしょう。

神奈川の横浜でなら確実に執り行えます

一般的な葬儀ではなく家族のみの葬儀を執り行いたいと横浜で考えているようなら、神奈川県内であれば確実に請け負ってくれる葬儀社が見つかるといった前提に立って情報を集めるといいでしょう。田舎の葬儀社の場合今の時代においても遺族の意向より自社の儲けを優先して、一般的な葬儀を勧めてくるようなところも存在していますが、横浜を初めとした神奈川県内であれば遺族の希望に十分配慮するかたちでの葬儀を実施してくれます。葬儀場ではなく自宅で葬儀を済ませたいといった要望にも応えてもらえるケースが多くなっています。10人以下という少ない人数で、身内のみでの葬儀を執り行いたいといった際に余計な出費を抑えられるためおすすめです。支出に関する相談が行なえる葬儀社も多いのだと頭に入れておいてください。

密葬もお願いすることが可能です

一般的な葬式ではなく家族葬を執り行う理由が、故人の立場や身分の関係上あまり世間に知られずに葬儀を済ませたいからといった場合には、密葬というかたちで周囲に知られることなく故人を弔うことも可能となっています。芸能人や財閥関係者など、亡くなったことを一定期間隠しておきたい身内に不幸があった際などには家族のみが出席する密葬を執り行うというのも検討してみるといいでしょう。お通夜や葬式というと故人の関係者が集まり大々的に故人を天に送り出すお式だといったイメージを持たれている方も少なくないでしょうが、各家庭の状況や事情によっては全く知人や友人、仕事の関係者などを呼ばなくても葬儀を終えられるものと認識を改めておいてください。遺族の意向で葬式の形式はかなり自由に選べるようなっているのです。